silver ratio chopsticks

silver ratio chopsticks

haku08.jpghaku08.jpgOctober 30, 2020 [product]

「白銀箸」 点対称の柱体で造形された箸。
簡素な構造で、どの面で持っても掴みやすく、
直径の太い部分を支点にする事で、しっかり掴めます。

DSC01248.JPGDSC01248.JPG 柱体の重心を箸の頭部分に置き、傾斜を利用して倒すことで、箸先を浮いた状態にしています。  箸先を浮かす形は幾つかありますが、4面のどの面で置いても同じ効果が得られる点で、目的は同じであっても、原理が異なっています。

DSC01252.JPGDSC01252.JPG 持ち代は、4回転対称の柱体で、転がりにくく安定します。  支点部分は八角形で、角の引っ掛かりを軽減します。  箸先は四角形で、面と角で滑りにくく、小さな物も掴めます。  使い代は、箸先まで直線で削られており、均等にしっかり掴めます。
DSC01281.JPGDSC01281.JPG 支点の位置、指の位置を変えることで、自分に合った角度で箸を持てます。  八角形の部分を中心に短め、普通、長め、の3種類の持ち方が出来ます。

hakugin_gif.gif

haku001
haku001.jpghaku001.jpg
download
LinkIconhaku001.pdf

・白(はくぎんばし)
hakulogo.jpghakulogo.jpg


haku000.jpghaku000.jpg

haku001.jpghaku001.jpg

・持ち手の位置を変えることで、自分に合った角度で箸を持てます。
 支点を中心に短め、普通、長め、の3種類の持ち方が出来ます。

・回転対称の柱体で造形された箸。簡素な構造で、
 どの面で持っても掴みやすく、
 直径の太い部分を支点にする事で、しっかり掴めます。

haku002.jpghaku002.jpg

・箸の重心を持ち代に置き、傾斜を利用して傾けることで、
 箸先を浮いた状態にしています。
 箸先を汚さずに置くことができます。
 柱体のどの面で置いても同じ効果が得られます。

・箸先を浮かす方法は幾つかありますが、
 支点からの傾斜を利用した方法は独自性があり、
 目的は同じであっても、原理が異なっています。

haku003.jpghaku003.jpg

・持ち代は、4回転対称の柱体で、転がりにくく安定します。
 支点部分は八角形で、箸同士の角の引っかかりを軽減します。

・持ち代の支点までの傾斜が、指の滑りを軽減します。

haku004.jpghaku004.jpg

・箸先は四角形で、面と角で滑りにくく、小さな物も掴めます。
 使い代は、箸先まで直線で削られており、均等にしっかり掴めます。

・ペンで文字を書く時もそうですが、箸も回転させながら持ち直して
 います。回転対象の柱体は持ち直しが容易です。

hakugin01_gif.gif
 箸の頭部分が細くなる様に傾斜がかかっている為、
箸を広げても、頭部分が接触しません。

haku10_1.jpghaku10_1.jpg

・支点と箸先の直径、持ち代の長さの3点を決めると全体の設計が出来ます。
・√2(白銀比)を使った計算式のみで構成されています。
・使い代と持ち代の比重は、約 1:1.31
haku017.jpghaku017.jpg
download
LinkIconhaku017.pdf

DSC01245.JPGDSC01245.JPG

DSC01283.JPGDSC01283.JPG

haku12.JPGhaku12.JPG

haku13.JPGhaku13.JPG

haku11.JPGhaku11.JPG

DSC01236.jpgDSC01236.jpg

haku015.jpghaku015.jpg

haku016.jpghaku016.jpg

◆ 白銀箸 四角 ◆



白銀箸01.jpg白銀箸01.jpg 白銀箸02.jpg白銀箸02.jpg

白銀箸03.jpg白銀箸03.jpg 白銀箸04.jpg白銀箸04.jpg

白銀箸05.jpg白銀箸05.jpg 白銀箸06.jpg白銀箸06.jpg

(白銀箸 使い代を細く加工)

haku07.jpghaku07.jpg

 持ち代が細い場合、面取り無しの四角形の選択も有り。
その場合は、使い代 部分と 持ち代 部分の重量差が微量になる。
 安定させる為には、箸先から支点の持ち代までを軽量化(削り)
する必要がある。

備考

正八角形の面積 正八角形の一辺 a 正方形の一辺の半分 b
S=(a8)b/2
正四角錐台の体積 底辺の長さ a 上辺の長さ b 高さ h
V=1/3 (a^2 +ab+b^2 )h
四角錐台の体積 底辺の長さ AとB 上辺の長さ aとb 高さ h
V=h/6(Ab+Ba+2(AB+ab))
角錐台の体積 上面積 S1 底面積 S2 高さ h
V=h/3 (S1 +S2+√(S1S2))

白銀比 1:√2 
正八角形の一辺a  正方形の一辺 A
a=(A(2-√2)/2)√2
直角三角形の斜辺 底辺 a 高さ b 斜辺 c
c=√(a^2+b^2)
直角三角形の底辺Aと高さBから傾斜角θ(∠AC)
θ=atan(B/A)

haku014
haku14.JPGhaku14.JPG
download
LinkIconhaku014.pdf

tag_header.jpgtag_header.jpg top